load

弁護士法人田島法律事務所

入間事務所 ひばりが丘事務所

交通事故のご相談

保険会社が提示する賠償金の額は、裁判で認められる金額に比べて通常は低い額となっています。そのため、裁判で認められる見込額を見越して、的確な賠償額の算定が必要になります。
当事務所では、裁判で認められる見込額に沿った適正な賠償金額を算定して加害者や保険会社と交渉し、適正な賠償金額での解決を目指します。また、交渉によって適正な賠償金額が取得できない場合、裁判所を利用した解決(訴訟)を図ります。
→ 交通事故の弁護士費用についてはこちらをご覧ください。

請求できる主な損害

加害者や保険会社に請求できる主な損害は、以下のようなものがあります。

1 物損

2 人損

後遺障害

治療を続けてもそれ以上に症状が改善しない状態(症状固定)になった場合、治療は終了となります。
症状固定になった際に後遺障害が残った場合、後遺障害の認定を受けることができ、後遺障害の等級(最も重い1級から14級)に応じて、逸失利益や後遺症慰謝料の額が変わってきます。
より重い後遺障害の等級を受けることができたかどうかによって、損害の額が大幅に変わってくるため、後遺障害の認定は非常に重要な意味を持ちます。そのため、後遺障害の認定を見越して、的確な治療を受け、後遺障害の認定に必要な診断書の作成が必要になります。
当事務所では、後遺障害の認定前からご依頼を受け、適正な後遺障害の認定を受けることができるようにサポートします。

弁護士費用特約

最近の自動車保険には、交通事故の被害者が弁護士に依頼する際の費用を補償してくれる特約(弁護士費用特約)が付いているものが多くあります。
その場合、弁護士に依頼しても原則として300万円までは弁護士費用を負担する必要はありません。ご自身やご家族の自動車保険の内容をご確認ください。